メインイメージ

「品質至上」に徹し、顧客の満足を得る品質を提供する。


経営理念「品質至上」

 

1.品質がすべてに優先する。

 
2.品質があって原価低減ができる。

 
3.品質があって納期(量)が達成できる。

 
4.品質を積み重ね信頼が生まれる。

 
5.品質があるからこそ発展につながる。

 
ワタナベラバー株式会社  代表取締役 渡辺 紳也

 

 

品質管理への取り組み

–当社の品質への取り組み–

当社では、以下の最重要項目中心に品質管理を行っております。

❶製品の生産に関わる情報を正確・迅速に管理するシステム運営

❷製品の品質管理における、万全の検査体制

❸「不良率の極めて低い、高精度の無人製造ライン」の構築
 
これらの重点項目を、デジタルトランスフォーメーション
(以下DX)を図りながら、顧客の多様なニーズや、
品質の向上につなげ、変革に挑戦しています。

 

DXを導入した新技術への取り組み

 

❶製品の生産に関わる情報を正確・迅速に管理するシステム運営

ワタナベラバーの製品紹介
 

製造・品質・商品に関するデータをクラウドで一元管理するシステムを弊社独自に構築しております。
このことにより、トレーサビリティの迅速化と充実を図り、品質管理においても、ばらつきが生じた際の
いつ・どこで・誰がというデータとともに現場への適切な改善を図ることができます。
データは、グローバルにリアルタイムで更新されますので、グループとしての正確な情報を共有できます。

 

クラウド上の情報イメージ


 

❷最新鋭のデジタル検査機器の導入とAIによる検査体制

ワタナベラバーの製品紹介
 

検査精度の向上、安定した不良検出。
 
人の目では発見できない、微細なシール破れを検出。
 

 
AIで[不良]ついてのルールを自動学習し、より人間の感覚に近い検査方法で品質のばらつきを抑制できます。


 

❸自動化と高品質を両立させるための取り組み

ワタナベラバーの製品紹介
 

 
「高精度の無人製造ライン」は、お客様の製品デザイン設計から参加し、金型、形成装置、原材料、作業員の要素の組み合わせで成り立ちます。

これはワタナベラバーの強みであり、お客様と当社独自の技術との結晶です。

 
 

DX、新技術への取り組み まとめ

ワタナベラバーの製品紹介
 

弊社ではDXや新技術を積極的に導入することで[業務品質の向上]と[効率化]を図っております。


そして、データをグローバルに蓄積・共有し、見える化 することで、業務改善につなげ、顧客満足度の向上を目指しております。


これからの日本のモノづくりを支えるための挑戦を続けてまいります。
 
  
 

ISO品質管理



 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワタナベラバー株式会社は、設立当初より独自の品質保証システムを構築してきましたが、

改めて『お客さま視点に立ったものづくりの仕組み』を強化し、品質保証活動をより積極的に取り組むために、

2004年2月にISO9001の認証を取得しました。

品質管理の受賞歴

ワタナベラバー品質受賞歴

HITACHI BestPartner賞

日立オートモティブシステムズ株式会社

最優秀VEC賞

トキコ株式会社
(現日立オートモティブシステムズ)

VEC提案推進本部長賞

トキコ株式会社
(現日立オートモティブシステムズ)

Copyright© 2012 ワタナベラバー株式会社 愛知県小牧市のゴム、樹脂製品メーカー All Rights Reserved.